子育て中の30代の専業主婦です。ママになってもお洒落を楽しみたい!をモットーに日々のファッションを大切にして過ごしています。ところが最近はワキの毛が気になり始め、気持ち的にお洒落を自由に楽しめていないことに気づきました。

夏の暑い季節に必須アイテムのタンクトップ、涼しくなってくる秋シーズンにも活躍できるノースリーブのトップス。冬になっても着こなしを楽しめるノースリニット。

子供も幼稚園生になったので、親子でのお出掛を楽しみつつ、おしゃれ心も楽しもうと思っていた時でした。全身鏡でチェックして、ワキ毛を確認したときのことです。生まれつき産毛のようなワキ毛だったはずが、じっと見ると太くて存在感のあるワキ毛になっていたのです。

私は毛が薄い方なので、カミソリではなく、不定期に脱毛器で自己処理していたのですが、子供が産まれてからはムダ毛処理をする時間が十分にとれず、カミソリで自己処理をするようになっていきました。

その結果、今までは薄い産毛だったワキ毛が、気が付くと太くて存在感のあるワキ毛になっていたのです。
それからというもの、洋服を選ぶ際にはできるだけ袖の長い形を選ぶようになってしまったのです。あまりにも太いワキ毛になってしまったので、脱毛器での処理が難しくなり、時間を見つけては毛抜きで処理をしています。

しかし、毛抜きで一本いっぽん処理することは、まだまだ子育て中の主婦には大きなストレスになっているのが正直なところです。
気軽に利用できるカミソリ処理の結果、剛毛なワキ毛になってしまい、暫くは暇を見つけてはムダ毛処理をする日々が続きそうです。

http://xn--2014-pk4cfuj8d8do5jpba2997t5lvc.com/